2015年3月10日火曜日

キレイよりも買いたくなる写真を撮る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネット販売において写真が重要なのは
みなさん御存じかと思います。

基本のきですね。

私もずっと写真は悩んでいました。

きれいに撮るべくいつも気を使っていました。

この頃、minne(ミンネ)やCreema(クリーマ)でアクセサリーを見ていて
これは欲しくない・・・コレ可愛い!
など思っていた時に気がついた事。


きれいな写真というよりも
買いたくなる写真を撮らなければいけない


↑思わず太字にしてみました(^^;)

買いたくなる写真のなかに
きれいな写真っていうのも含まれているわけですが
それ以外にも重要なポイントがありました。

それは

自分の作品写真は客観的に見て買いたくなるか否か

自分で撮った写真を見て
コレ買いたい!と思わなければ
他人はまず買いたいと思わないですよね。


きれいに撮れていても、
買いたくなる写真でなければ意味が無い。

ということで先日UPした新作は撮影中に見返して、
冷静にぱっと見た時にコレ買いたい!となるか
を基準にして選びました。


これも当たり前と言えばそれまでですが、
私には抜けていた事なので気がつけて良かったです。

意識が変わりました。





ハンドメイド個人ショップ・ブログランキング参加中です。
 よかったらクリックお願いいたします。
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド個人ショップへ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 客観的にですか...難しいですよね(汗)
    メイン画像よりも補助的な画像のつもりで撮った写真の方が気に入った事は多々あります。
    自分の直感を信じてコレだ!と思う画像をメインにしてます。

    ベストな画像をなかなか撮れない時は1個の作品画像を撮るのに気づけば1時間くらいかかるとこも(汗)
    写真家ってスゴイなぁと思います。

    返信削除
    返信
    1. waka okaさん
      客観的に見るってすごく難しいですよね。

      ベストな画像が撮れなくて1時間とかわかります!!
      写真撮影はネットで販売する以上避けて通れない道なのだけれど
      すごく難しいところです。

      きれいに撮る作家さんがうらやましいです。

      削除